目の下のたるみは加齢による眼輪筋の薄化が原因!?   | AiZクリニックの鼻整形コラム|東京・表参道のAiZクリニック 

美容コラムブログ

目の下のたるみは加齢による眼輪筋の薄化が原因!?  

クマが目立つ原因は
➀眼窩脂肪が突出している
➁目の下がくぼんでいる
➂眼輪筋の色が透けている
➃色素沈着

の理由がよく知られていますが、実は

➄眼輪筋のたるみ
も原因となります。

眼輪筋は加齢とともに菲薄化して薄くなる

眼輪筋の加齢による変化を↓に示します。

くまとり

このように眼輪筋は加齢とともに菲薄化して薄くなり、たるみが出てくるのです。
目の下の皮膚は薄いため、この眼輪筋のたるみによって目の下に皺やたるみが生じ、クマの原因になるのです。

「皮膚切除+眼輪筋つり上げ」を施術した方をご紹介します。

今回ご紹介する方は、他院で数年前に目の下の脱脂と脂肪注入を行った方です。
目の下のふくらみは無くなったが、皺と皮膚のたるみが気になるとのことで来院されました。

診察では眼窩脂肪によるふくらみは無かったため
目の下の皮膚切除+眼輪筋つり上げ術を行いました。

アイバックリムーブ

↑施術の直前と直後です。
まつ毛の生え際に沿って皮膚切開をするため傷が目立ちにくいです。

「眼輪筋つり上げ」は、たるんだ眼輪筋を引っ張って、外側上側骨膜に縫い付け
たるみを改善する方法です。
眼窩脂肪が膨らんでる場合はハムラ法と同時に行うことが多いのですが
今回のように、眼窩脂肪脱脂後の皮膚や眼輪筋のたるみの改善にも、とても良い適応です。

1週間後の経過です↓

アイバックリムーブ

どうでしょうか!?
皮膚のたるみが改善され、涙袋がはっきりしましたね(^-^)
実は涙袋も眼輪筋で出来ているので、眼輪筋のたるみが改善することでこのように涙袋がハッキリ現れるのです★

【クマのカウンセリングで多い質問】
「目の下の脱脂だけではだめですか?」
「裏ハムラのほうが良い治療ですか?」
という質問をよく受けます。
これは正直に言って難しい質問です。ドクターによっても見解変わります。
私の意見としては、クマのふくらみが経度で目の下の窪みも強くない場合は、目の下の脱脂だけでも満足いく結果が得られると思います。
しかし、後々年齢とともに中顔面のボリュームが減ってくると脂肪注入が必要になることもあります。
また、目の下の窪み(靭帯)が強い場合は『裏ハムラ』の方をお勧めします。
靭帯を剥離し、その下に眼窩脂肪を引き込むので、目の下の窪みが改善します。

クマ施術はもはやどのクリニックでも行われるようになり、
SNSにも色々な情報が溢れているため、患者さんは混乱してしまうだろうと思います。
しかし、大事なことはその医師が脱脂だけではなく、裏ハムラや表ハムラなどのあらゆる治療もできること
これが大前提にないと、何を言っても説得力がありません。
そこを調べてからカウンセリングに行くことを強くお勧めします。

AiZCLINICでは無料カウンセリングを行っております。気になっている施術やお悩みなどがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

CALENDER

診療日

20歳未満の方のご予約について

20歳未満の方のご予約につきましては、下記ページをよくお読みの上ご予約くださいませ。