小鼻、鼻翼縮小 |東京・表参道のAiZクリニック

鼻翼縮小

鼻翼縮小術は、鼻の穴の内側から小鼻の溝にかけての傷が目立たない部分を数ミリ切除して、横に広がった小鼻の余分な部分を鼻全体とのバランスを調整しながら丁寧に縫い縮めていきます。バランスの良い小さい小鼻になり、鼻の穴も目立たなくなります。

  • 小鼻が大きく横幅が広がっている方
  • 小鼻の丸みや厚みが気になる方
  • 鼻の穴を小さくしたい方
  • 鼻の穴が目立つスッキリした印象にしたい方

手術の傷は、鼻の穴の中と小鼻の溝にあるので目立ちにくく、術後の腫れも少ないのが特徴です。

鼻の大きさや丸み、鼻の穴の改善

妊娠中、授乳中の方は施術ができません。
※その他、医師の判断で施術できない場合があります。予めご了承ください。

手術方法は、小鼻の広がりや大きさのタイプによって「外側切除」「内側切除」があります。どちらを選択するかは、状態とご希望に応じてになります。
左右の形や大きさに違いがある場合には、バランスを揃えるように形成することも出来ます。

小鼻の内側又は外側を数ミリ切開し、余分な皮膚と粘膜組織を取り除き、バランスよく縫合して鼻孔の広がりを内側へ寄せていきます。術後一時的に傷跡は残りますが、付け根部分であるためほとんど目立たなくなります。

鼻の穴の内側から小鼻を切除します。外側には傷ができません。

外側の張り出しが強い場合は、外側の切除が必要となります。小鼻の溝にかけて傷ができるので目立ちません。

手術後は、切開した部分に腫れが起こります。 手術により内出血が起こることがあります。 ほとんどの場合、時間の経過とともに自然になおります。 切開した部分に赤みができた場合、改善するまで時間がかかることがあります。

  • 1.カウンセリング

  • 2.メイク落とし

  • 3.麻酔

  • 4.施術

  • メイクは、抜糸翌日より可能。患部を除いて翌日より可能です。
  • 洗顔は、患部が濡れなければ当日より可能。患部は抜糸翌日より可能です。※患部への刺激はお控えください。
  • シャワーは、当日より可能で、入浴は翌日より可能です。
  • 激しい運動については、3~4週間後より可能です。

写真を選択すると、症例ごとの詳細を確認することができます。

手術後、気をつけることはありますか?
4週間経過すれば、手術部位や傷跡はかなり落ち着き、安定してきているので、多少うつ伏せで寝ても大丈夫です。ただし、切開による鼻の手術は、完全に落ち着いて完成するのは3~6ヶ月かかります。そのため、手術後6ヶ月間は必要以上に鼻に外力が加わらないようにして下さい。
RECOMMEND

おすすめプラン

未成年者様のご契約について

施術をご希望される未成年者の方は、親権者の方の同意が必要となります。カウンセリングの際には、以下の2点をご持参下さい。

  • 未成年同意書(PDFファイルをダウンロード後に印刷し、必要事項をご記入頂いたもの)
  • ご本人様とご親権者様の身分証明書

※18歳未満の方は必ずご親権者様と一緒にご来院ください。
※18歳以上の方でお一人でご来院される場合は、ご親権者様の身分証明書の両面コピーをご持参下さい。