眉下リフト |東京・表参道のAiZクリニック

眉下リフト

眉の下で余っている皮膚と皮下組織(脂肪)を眼輪筋上で切り取って、まぶたをリフトアップして縫合することで上まぶたのたるみを改善します。ダウンタイムが少なく、加齢や脂肪などで目元が重たいと感じている方にはおすすめの施術です。目の上のたるみをなくすことで目が開きやすくなり、二重まぶたのラインが戻ってパッチリと美しい目元へと整えることができます。

  • 上まぶたが重く目を開けづらい
  • 目元が腫れぼったい
  • 年をとって二重が崩れてしまった
  • 目尻が下がって目が小さく見える
  • 若いころの目元に戻りたい

眉の下側ラインに沿うように切開して、上まぶたの皮膚や脂肪の一部を切り取ります。まぶたのたるみが解消されると、本来のスッキリとした自然な目元が現れます。傷が眉毛に隠れて目立ちにくく、大きく印象が変わることはないので、手術したことがほかの人にバレにくい手術です。

まぶたのたるみによる目元の重たい印象がスッキリとします。さらに目元が軽くなることで目つきがやさしくなり、若々しい印象に。また、視界が広がって疲労感や肩こり、頭痛も改善することがあります。

妊娠中・授乳中、また産後3か月以内の方。
※その他、既往がある方は手術を受けられない場合がございますので、事前にご確認をお願いいたします。

手術時間は1時間程度で、ダウンタイムが少ない手術です。
当院では加齢や脂肪による上まぶたのたるみを取り除くだけでなく、自然な目元を取り戻せるように配慮した施術を行っております。

  • 術部の腫れ、熱感、顔のむくみ、内出血、傷跡の色素沈着、かゆみ
  • 全身のだるさ、頭痛

手術後は眉と目の距離が少し近くなります。また、稀に左右非対称になることが挙げられますが、手術後にご満足いただけるよう事前に入念なデザインを行っております。

  • 1.カウンセリング

  • 2.メイク落とし

  • 3.麻酔

  • 4.手術

  • 洗顔・シャワーは翌日から可能です。(※患部は、お湯で流す程度で刺激しないようにしてください。)
  • 入浴は、腫れがひいてから可能です。
  • メイクは抜糸後から可能です。
  • 術後は腫れを最小限に抑えるために、うつ伏せ寝、横向きは禁止です。仰向けで枕を高くして寝てください。
  • 1週間は安静にお過ごしください。軽めの運動は2週間後からです。サウナやエステ、激しい運動などは1か月後からとなります。
  • 手術後は翌日までご自身での運転をお控えいただいております。手術当日は公共の交通機関もしくはタクシーでご帰宅ください。
  • 手術予定の1週間前から飲酒・喫煙は中止してください。手術後のむくみや腫れ、傷の治りの遅れにつながるため、1か月間はできるだけお控えください。
  • コンタクトレンズの使用は抜糸まで控えてください。

写真を選択すると、症例ごとの詳細を確認することができます。

ダウンタイムはどのくらいですか?
手術直後~2週間程度は腫れ、赤み、内出血などが続きますが、抜糸(1週間後)までの間に徐々に落ち着いていきます。
傷はどの程度で目立たなくなるでしょうか?
手術後およそ1週間で抜糸を行いますが、それまでは腫れや赤みは残ります。1か月程度かけて徐々に違和感はなくなり、眉下の傷跡も目立たなくなります。
もともと一重でも二重にすることはできますか?
眉下切開は上まぶたのたるみを取る手術です。一重の方がこの手術で二重になることはありません。二重をご希望の方は二重をつくる手術を合わせて受けていただきます。
RECOMMEND

おすすめプラン

未成年者様のご契約について

施術をご希望される未成年者の方は、親権者の方の同意が必要となります。カウンセリングの際には、以下の2点をご持参下さい。

  • 未成年同意書(PDFファイルをダウンロード後に印刷し、必要事項をご記入頂いたもの)
  • ご本人様とご親権者様の身分証明書

※18歳未満の方は必ずご親権者様と一緒にご来院ください。
※18歳以上の方でお一人でご来院される場合は、ご親権者様の身分証明書の両面コピーをご持参下さい。