団子鼻・豚鼻・にんにく鼻・鷲鼻それぞれの違いと適した施術 | AiZクリニックの鼻整形コラム|東京・表参道のAiZクリニック 

美容コラムブログ

団子鼻・豚鼻・にんにく鼻・鷲鼻それぞれの違いと適した施術

世の中には鼻の形や高さで悩んでいる方がたくさんいます。
鼻の悩みを解消するために整形手術を選ぶ人が増えていますが、鼻の種類によって適した施術があることを知っておきましょう。今回は日本人に多い鼻のタイプから、それぞれの特徴と適した整形方法をお教えします。自分の鼻のタイプと理想的な鼻の形との違いを知っていきましょう。

綺麗な鼻はどこが違う?

理想的な美人になるには、綺麗な鼻をつくることも近道の一つです。鼻が数mm違うと顔全体のバランスが変わってしまうこともあり、美しいと感じてもらうためには高さや鼻先の向きなど細かい要因を整える必要があります。

綺麗な鼻の条件①高さ

鼻の高さは正面からの「鼻筋」と横顔からの「Eライン」で決まります。
鼻筋がすーっと伸びていると、それだけで鼻が美しく見えます。また、鼻先とアゴの直線ラインより内側に口がおさまっていると、華やかで整った印象になるでしょう。しかし、長さや高さはバランスが大事です。鼻が高すぎると性格がきつそうに見えてしまいます。

綺麗な鼻の条件②鼻先

綺麗な鼻には鼻先の向きが重要です。鼻先が上を向いていると鼻の穴が目立ってしまい、鼻先が下を向きすぎていると怖い印象になります。
鼻先は顔を正面から見たときに、小鼻と同じ高さにあると鼻全体がまとまって見えます。また、鼻先に丸みがあると陰影が付きにくく、鼻が低く感じます。憧れの美しい鼻にはツンとした鼻先も必要です。

綺麗な鼻の条件③鼻筋

鼻筋は鼻のつけ根から鼻先までの鼻背(びはい)を言います。鼻のつけ根が上まぶたと同じ高さから始まってまっすぐに伸びていると顔がシャープになります。日本人には鼻のつけ根がなく、ポンとおいたような鼻をしている人が多くいます。鼻筋を通したいというお悩みが多いだけあって、美容整形でも人気の高い箇所です。

綺麗な鼻の条件④小鼻

鼻はできるだけ目立たない方が美しいという考え方があります。そのため、小鼻が横に広がっていると鼻の存在感が増してしまい、さらに鼻がぺチャッとつぶれたようにも見えてしまいます。小鼻のサイズが小さい鼻は、中心にまとまっているので目立ちにくく鼻全体がコンパクトに感じるでしょう。

整形したい代表的な鼻はどんな形?

鼻の美容整形でご相談が多いのは「団子鼻・豚鼻・にんにく鼻・わし鼻」の矯正です。

日本人は比較的鼻が低い人種ですが、鼻も個性のひとつです。いろんな形や高さがあって当然です。しかし、鼻の形ひとつで“親しみやすさ”や“クールさ”“かわいらしさ”など、相手が受けとるイメージに大きく影響します。

美しく理想的な鼻の形に整形したいのであれば、それぞれの鼻の特徴に合わせたアプローチが必要になります。

団子鼻の特徴と適したアプローチ

団子鼻は鼻先の皮膚が分厚く、鼻先が丸みをおびている鼻をいいます。野暮ったい雰囲気を出すため、コンプレックスに感じている人も多いでしょう。

団子鼻を解消して綺麗な鼻にしたいなら、小鼻とのバランスを見ながら鼻先を尖らせる必要があります。

団子鼻の鼻先を整える鼻尖形成術(びせんけいせいじゅつ)

団子鼻には正面から見た鼻先をキュっと尖らせる鼻尖形成術が適しています。しかし、鼻先だけ尖らせると小鼻とのバランスが悪くなることがあります。必要があれば、小鼻も小さくする手術を一緒にすることも可能です。

自分で鼻を押してみてつぶれない鼻であれば、鼻尖形成だけで変化が出せるかもしれません。しかし、自分で押したときにつぶれてしまう鼻は、鼻尖形成術だけではうまく高さや細さが出せない可能性が高いので鼻尖形成3D法や鼻中隔延長や軟骨の移植が必要になるでしょう。

豚鼻の特徴とアプローチの違い

豚鼻は鼻筋が短いために鼻先が上を向いている状態です。正面から丸い鼻の穴が見えて目立ってしまうので、悩まれている方は多いです。

豚鼻では鼻先の向きを下にしますが、このとき鼻筋をつくるとより美しい鼻になるでしょう。よりナチュラルに仕上げるには、額や眉間、鼻先など、どこに高さが必要なのかを見極めて手術を決めます。

豚鼻の鼻筋を改善するために鼻中隔延長術(びちゅうかくえんちょうじゅつ)

耳や肋骨の軟骨を、鼻中隔という鼻の穴を隔てている部位に移植して鼻の土台をつくる整形手術です。鼻に高さや長さを出すことで鼻先の向きを変えることができ、美しいシルエットの鼻になります。

また、豚鼻の原因になっている鼻先だけを下向きに矯正しただけでは、理想的な鼻の形に整えることが難しい場合もあります。無理に鼻先だけを手術しても、結局はイメージしていた鼻の形にならず修正する可能性も否定できません。

にんにく鼻の特徴とアプローチの違い

にんにく鼻は鼻先が丸く、小鼻が横に広がっています。正面から見たときに、にんにくのように見える鼻の形が特徴です。普通にしていても鼻が目立ってしまい、笑うとさらに強調されます。

にんにく鼻は小鼻を小さくし、鼻先とのバランスを見ながら形を整えなければ綺麗な鼻にはなりません。鼻先の丸さや厚みをなくす「鼻尖形成術」が同時に行われることが多いでしょう。

にんにく鼻を目立たなくさせる鼻翼縮小術(びよくしゅくしょうじゅつ)

にんにく鼻が目立たないようにするには、正面から見た鼻のシルエットを整えます。小鼻の広がりを小さくするために余分な皮膚を切り取って内側に縫い縮めます。

鼻の穴から小鼻を切除する内側法は傷が見えないところにできますが、サイズを大幅には変えられません。

横へ大きく張り出している小鼻には、外側から小鼻を切除する外側法が適しています。小鼻の外側に数か月は赤みが残りますが、小鼻の溝に傷ができるため傷跡はそれほど目立ちません。半年ほど経てば近くで見てもほとんど分からないようになります。

わし鼻の特徴とアプローチの違い

わし鼻は外国人のような顔立ちに見えますが、鼻筋の途中で骨に段差や盛り上がりができて鷲のくちばしのように鼻が下へ曲がった状態です。鼻に高さがあるのでゴツゴツした男らしい印象を与えます。

整形手術では、額や眉間から自然にカーブを描くかストレートに伸びている綺麗な鼻のラインをつくります。わし鼻の治療は鼻筋をつくるときには顔と合っているかどうかや、あごや頬とのバランスを見ることも大切です。

わし鼻の鼻筋をまっすぐにする鷲鼻削り

わし鼻の形をつくっている骨のでっぱりを削って平らに修正します。少し削るだけであればすぐに手術は終了しますが、削る部分が大きいと鼻筋が太く平らになってしまうので追加の施術が必要です。

細く綺麗な鼻筋をつくるには、サイド正面から見たでっぱりを削ったあとに側面をさらに数mm削って細く整える施術を行います。ここまで施術することで、女性らしい繊細な美しさが出てきます。

鼻に適した整形手術を行うために

鼻の整形にはたくさんの種類があります。いろいろ組み合わせて手術を行うことも珍しくありませんが、最終的にどの整形手術を受けるかを決めるのはあなた自身です。

正しい判断ができるように、自分の鼻の状態と適切な治療をしっかり説明してくれるクリニックを選びましょう

AiZCLINICでは無料カウンセリングを行っております。気になっている施術やお悩みなどがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

CALENDER

診療日

20歳未満の方のご予約について

※必ずお電話にてご予約お願いいたします。

※20歳未満の方は親権者様との同伴をお願いしております。

※20歳未満の方がWEBで予約を取られた場合は、自動でキャンセルとなります。