鼻へのヒアルロン酸注入による事故や副作用 | AiZクリニックの鼻整形コラム|東京・表参道のAiZクリニック 

美容コラムブログ

鼻へのヒアルロン酸注入による事故や副作用

キレイになるためのヒアルロン酸注入で、失明など思わぬ事故に遭遇する危険性があるって知っていますか?ヒアルロン酸注入は、切らずに理想の鼻筋が作れるため簡単で気楽に受けられるイメージがありますが、重篤な医療事故はゼロではありません。実際に合った医療事故の事例から、安全なヒアルロン酸注入についての理解を深めて医療事故にあわないようにしましょう。

鼻へのヒアルロン酸注入で実際にあった医療事故

ヒアルロン酸注入は、皮膚を切らないで輪郭や顔の形を整えることができる気軽なプチ整形術として有名です。メスを使わないので傷が少なく危険性が少ないと思われがちですが、重大な医療事故に遭遇してしまう可能性を秘めているんです。まずは、鼻のヒアルロン酸注入に潜む危険性について実際の事例を通して紹介します。

失明

過去に日本で、レディエッセという注入剤で鼻筋を高くした女性が失明した事例が報告されています。この事故の直接的な原因は、注入物を血管に直接入れてしまい、周囲の組織への血流が止まってしまったことによる血行障害です。

鼻を高くするプチ整形に用いられている注入用の製剤は、レディエッセやヒアルロン酸製剤のほかにいくつか種類があります。レディエッセに限らず、鼻やほうれい線にヒアルロン酸を注入する治療には少なからず失明の危険性があると考えましょう。

皮膚の壊死

壊死とは、身体の一部の細胞や組織が何らかの原因によって死んでしまうことを指します。原因を取り除いても一度死んでしまった組織を元の状態に戻すことはできません。壊死を起こした身体の一部は欠損した状態になり、元に戻すには手術が必要です。

鼻筋にヒアルロン酸などの注入施術をおこなって、鼻やその周りの皮膚が壊死してしまう可能性はありますが、日本でヒアルロン酸によって皮膚が壊死する確率は1万件に1件以下とかなり少ない確率です。とはいえ、壊死は注入治療をする誰にでも起こりうる可能性があることは知っておきましょう。

ヒアルロン酸注入で事故が起こる原因の多くは〇〇!

失明や壊死に至る主な原因は、注入剤が血液の流れを邪魔することです。注入するものがヒアルロンであってもレディエッセであっても、リスク発生の可能性にはそれほど大きな違いはありません。むしろ、注入する医師の鼻に関する解剖学の知識や医療手技が結果を左右します。

鼻の血管の位置を熟知していない医師が、ヒアルロン酸注入で鼻筋や鼻の高さを無理に出そうとすると、ヒアルロン酸を注入する量が過剰になって鼻の血管を圧迫してしまう可能性があります。

鼻の治療を専門的におこなっている医師であれば、鼻の形ごとにヒアルロン酸の適生量を判断できますが、知識が乏しい医師だと患者の要望を優先させて危険な量を注入をしてしまうことがあります。

ヒアルロン酸製剤は危険?代表的な副作用

ヒアルロン酸そのものは身体のなかにすでに存在している潤い成分で、注入してもほとんど副作用が起こらない安全性の高いものです。

ヒアルロン酸製剤を注入して起こる副作用は「内出血」や「腫れ、むくみ」「違和感」などが一般的で、これらの副作用は軽度で注入治療全般に起こりうるものです。副作用が起こったとしても、施術後の生活に注意していれば、ひどい症状にはなりません。

ほかにも「痛み」や「感染症」「アレルギー」など、危険な副作用が発生するケースもありますが、多くの場合がヒアルロン酸製剤に限った副作用ではなく、すべての注入剤で起こる可能性があります。

ヒアルロン酸注入が相場の価格よりもかなり安い価格で提供されている場合には、不純物の多いヒアルロン酸製剤を用いている可能性があります。

不純物が少ない良質なヒアルロン酸は、安全性も持続性も高く仕上がりの美しさにも定評があります。一方で、質の悪いヒアルロン酸は純度が低く、身体へのリスクが懸念されます。皮膚の表面がデコボコに見えたり、感触に違和感があったりと満足感にも差がでるでしょう。

ヒアルロン酸注入はやり直しができる

注入したものがヒアルロン酸であれば、ヒアルロン酸を溶かす「ヒアルロニダーゼ」を用いて元の状態に戻すことができます。皮膚が壊死する前に処置を受けられれば、症状も軽くすむでしょう。

ヒアルロン酸注射のあとで痛みやかゆみ、皮膚の色など異変を感じたら、すぐに相談して溶解注射をしてもらいましょう。修正治療もおこなえるクリニックで施術を受けたのであれば、すぐに対応してもらえるはずです。

また、ヒアルロン酸注入による事故や副作用がなくても修正治療はできます。鼻筋がデコボコして見える、鼻先の形がイメージと違うなど、仕上がりに納得がいかないときにも溶解注射を使用して、再度ヒアルロン酸注入をすればやり直せます。

医療事故を防ぐのはドクターの腕次第!

失明や壊死のような医療事故や副作用の多くは、医師選びで防げます。ヒアルロン酸などの体内に注入する製剤は、いずれ身体に吸収・分解されていく成分で、安全性の高いものが使用されています。深い専門知識と高い技術力をもった医師の元では重篤な事故が発生する可能性は極めて低いでしょう。

一般的に美容クリニックで医療事故を引き起こしているのは、医師の知識不足や技術不足です。ヒアルロン酸を注入して鼻筋をつくったり今より鼻を高くしたりするのは可能ですが、注入治療では限界があり、それほど大きな変化は出せません。もっともっとと追求するあまり、ヒアルロン酸などを注入し過ぎて血流障害が起こり、重篤な事態を発生させてしまうこともあるでしょう。

AiZ(アイズ)クリニックでは、他院でヒアルロン酸注射をした後の修正治療もおこなってます。当院のように修正治療を行っているクリニックには、鼻の解剖学に詳しくヒアルロン酸注入の経験が豊富な医師がいます。副作用が心配なときには、鼻の美容整形を専門にしているクリニックで鼻のヒアルロン酸注入について詳しい話を聞いてみるのもおすすめです。

ヒアルロン酸注入も専門の腕利きドクターなら安心

安心して鼻へのヒアルロン酸注入を任せたいなら、鼻に関する深い知識と治療のリスクを十分に理解している専門医を探して施術してもらいましょう。

自分が理想としている鼻の形を叶えるためには、もしかしたらヒアルロン酸注入では安全におこなえない可能性もあります。医師に自分の鼻のイメージをしっかりと伝えて、どのような施術になるのか、メリットだけでなくリスクについてもカウンセリングでていねいに説明してくれる医師は信頼できるでしょう。

また、ヒアルロン酸注入の仕上がりは、医師の技術力やセンスに大きく反映されます。過去にヒアルロン酸注入をした施術前後の写真などを参考にして、自分の美的センスに近い医師を選ぶことも大切です。

AiZクリニックでは鼻の美容整形を専門的に行っておりますが、仕上がりの美しさはもちろん、時間をかけたカウンセリングでご納得いただける自信があります。

ヒアルロン酸で鼻筋をつくる・鼻を高くする整形術は当院でも人気が高く、1年を通じて相談件数も多いです。多くの症例を通して鼻のヒアルロン酸注入の経験を重ねており、たくさんの方々に喜んでいただいている実績があります。

ヒアルロン酸注入のような鼻のプチ整形であっても、もっている知識と手技を発揮して未然にトラブルを防ぎます。手術のタイミングはご自身のペースで決めていただきますので、焦らず安心してAiZクリニックにおまかせください。

AiZCLINICでは無料カウンセリングを行っております。気になっている施術やお悩みなどがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

CALENDER

診療日

20歳未満の方のご予約について

※必ずお電話にてご予約お願いいたします。

※20歳未満の方は親権者様との同伴をお願いしております。

※20歳未満の方がWEBで予約を取られた場合は、自動でキャンセルとなります。