丸い鼻先をすっきりと細くする「鼻尖形成術」 切らない整形も?デメリットは? | AiZクリニックの鼻整形コラム|東京・表参道のAiZクリニック 

美容コラムブログ

丸い鼻先をすっきりと細くする「鼻尖形成術」 切らない整形も?デメリットは?

鼻先をすっきりと細くする美容整形手術があることはご存じですか?
丸い鼻に悩んでいる方が自分で形を変えようと思っても鼻の構造を変えることはできません。
もし丸い鼻先にコンプレックスを抱えているなら鼻尖形成術などの手術で解消できます。
手術をすることで鼻先だけでなく、鼻の穴の形を整えたり鼻を高くすることもできます。手術に抵抗のある方でも気軽に受けられる「切らない鼻先の整形手術」や鼻尖形成術のメリットだけでなくデメリットについても解説します。
鼻先の手術で失敗したくないと考えている人必見です。

鼻先ってどこ?

鼻先は鼻が一番前側に高く飛び出している先端を指します。
正式には鼻尖(びせん)といい、表面の皮膚や柔らかい脂肪などの軟部組織、鼻の高さや形を支える軟膏そして鼻の穴の粘膜によって立体的にできています。

多くの日本人の鼻先が丸い理由

欧米の人は鼻が高く鼻先も細い人が多く、それに対して鼻先が丸いことにコンプレックスを感じている日本人も多いでしょう。
欧米人に比べて鼻先が丸いのは、アジア人の特徴として脂肪が厚く軟骨が弱い、そして皮膚が厚いので鼻先が丸くなりやすい要素を持っています。

鼻先が丸いとどうなの?

鼻先が丸いと、鼻が低く見えたり団子鼻に見えたりすることがあります。だからといって決して悪い印象を与えるわけではありません。芸能人でも鼻先が丸い方はたくさん活躍していますし、幼く可愛らしい雰囲気に見えるメリットもあります。しかし、多くの方は鼻先が低く重たい感じに見えると悩んでいるのです。

鼻先を細く尖らせるメリット

鼻先を尖らせると鼻がコンパクトにまとまって見え、鼻筋を整形しなくてもシュッと高く見せることができます。鼻先だけでも外国人のようにシャープな雰囲気に近づけることが出来ます。

鼻先だけを整形をする「鼻尖形成術(びせんけいせいじゅつ)」は、自前の鼻筋を活かした自然な仕上がりが期待できます。鼻筋に違和感がなく、整形したことが分かりにくいうえにデザインの自由度が高いところが魅力です。

鼻先だけ尖らせる整形:鼻尖形成術

鼻尖整形術は厚みのある丸い鼻先を尖らせることで、整った顔立ちを目指せます。鼻が低いことにコンプレックスがある方やシャープな鼻先に憧れている方、鼻の穴が気になっている方に向けてAiZクリニックでもよく提案している手術です。
鼻筋が通っている方なら鼻先の整形だけで十分にご満足いただけますが、低い鼻を高くしたいというご要望もあれば、全体的なバランスを見ながら「隆鼻術」も同時に行います。ほかにも小鼻を小さくさせる「鼻翼縮小術」や、鼻の穴の見え方を変えたり、鼻先の向きを変える「鼻中隔延長術」も同時に受けられます。

鼻尖形成オープン法

鼻の穴を左右に隔てる鼻柱(びちゅう)を切開するため、鼻の構造をしっかりと確認して手術でき、より理想に近づけられる繊細なデザインをほどこせます。鼻翼軟骨の形を整えたり余分な脂肪などを取り除いたり、さまざまな手術との組み合わせも可能です。

鼻尖形成クローズド法(小切開法)

鼻の穴の内側を切開して、鼻先の軟骨を糸で縛り、余分な脂肪などを除去する方法が一般的です。鼻の穴の形をチェックしながら手術が行え、見えるところに傷口ができないので鼻の穴を整えたい方や傷跡を残したくない方に人気です。しかし、軟骨をありのままの状態で見ることができないため左右差などのより細かい調整には向いていません。

耳介軟骨移植

鼻の高さを出したいときに、鼻の穴から耳の軟骨を挿入して鼻先につなぎ、鼻先を支える整形術です。耳の表もしくは裏を切開して軟骨を採取し、美しい鼻先になるように形を整えられます。自分の身体にある軟骨を移植することで、安全性の高い施術が可能です。傷跡が目立たず、とても自然な仕上がりに満足感が得られます。

切らないで鼻先の整形ができる?

メスを使わなくても鼻先を尖らせる方法はいくつかあります。他院で行っている方法も含めてご紹介しましょう。

ヒアルロン酸で鼻先を尖らせる

鼻先のヒアルロン酸注射は一時的な変化ではありますが、ダウンタイムも傷もほとんどなく気軽にできる整形として人気のある施術です。しかし、鼻先のヒアルロン酸は長期的にみると横に広がっていき、逆に団子鼻を助長してしまいます。また、血流障害などのリスクも高い部位ですので注意をする必要があります。
鼻に注入するヒアルロン酸は、粘度の高く形成力のある「ボラックス」や「クレヴィエル」が適しています。AiZクリニックでは鼻筋や鼻根にはヒアルロン酸の施術を行っておりますが、血管や神経を圧迫するリスクの高い鼻先には行っていません。

糸リフトで鼻先を尖らせる

フレックスノーズという鼻整形専用の特殊な糸を使って、切らないで鼻を高くする整形術があります。局所麻酔をした後に、糸を挿入して鼻の皮下組織を鼻先に向けて引っ張り上げて高さを出す手術です。プロテーゼよりもダウンタイムが短く、施術時間も約15分程度と短いのが特徴です。

傷は糸の挿入部位にありますが、抜糸は不要でとても手軽に鼻の整形ができます。しかし、糸は徐々に身体の中で溶けていくので、持続期間は長く見積もっても半年です。

よりシャープに鼻先を細く整える「鼻尖形成3D法」

AiZクリニックで行っている、鼻先を尖らせる整形方法です。左右の鼻翼軟骨の中心に柱を立てて、特殊な糸で縛ることで鼻先が細くなるように形を整えます。その際に必要に応じて組織を減らしたり、軟骨を切除したりしてしっかりと変化を出します。
ヒアルロン酸や糸リフトと違って、鼻先をより細い理想の形に整えることができ長期的に維持できます。

鼻尖形成術のデメリットは?

「手術を受けて失敗した」と思わないように、鼻尖形成術を受ける前に知っておきたいデメリットについて説明します。

仕上がりに満足できない?

どんな人の顔も左右対象ではありません。鼻先はとても繊細で、どの鼻尖形成術であってもわずかに左右差を感じることがあります。

しかし、顔の左右差ではなく医師の技術不足によって思ったような仕上がりにならないこともあります。あまり変化を感じないこともあれば、横から見たときにオウムのくちばしのような鼻になっていたり、クリップでつまんでいるような鼻になっていたり、鼻の穴が三角になってしまうこともあります。

実感できるのは手術後3ヶ月から

メスを使った手術は腫れや痛みなどのダウンタイムを伴うため、日常生活に支障を感じることがあります。1週間ほどで大きな腫れは引きますが、すっきりした鼻先を感じてくるのは3ヶ月後からです。
傷は丁寧に縫うことで分かりにくくできますが、目立たなくなるのは半年から1年ほどかかるため傷跡が残るのではないかという不安もあるかもしれません。最終的な仕上がりは6ヶ月以降になりますが、それまでにはほぼ腫れも引いてすっきりとした鼻先を喜んでいただけます。

手軽な手術は元に戻ることがある

手術後の経過が長いのは面倒だからと手軽な手術を選択する方がいますが、切らない手術は元に戻るリスクが常にあります。ヒアルロン酸注入は半年程度かけて元に戻るという前提で行う手術ですが、糸で縛るだけの手術も糸が緩んだり外れたりすると元に戻ってしまう可能性があります。

繊細な鼻先の手術は信頼できるドクターに

鼻先の手術はとても繊細な技術を必要とします。
手術の方法だけでなく、術後のメリット・デメリットについてもしっかりと説明してくれる医師を選ぶと後悔が少ないでしょう。AiZクリニックでは実績のある医師がひとりひとりに適した手術をご提案し、納得していただけるように丁寧なカウンセリングと説明をしています。鼻先の手術に興味のある方は、当院の無料カウンセリングをぜひご予約ください。

AiZCLINICでは無料カウンセリングを行っております。気になっている施術やお悩みなどがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

CALENDER

診療日

20歳未満の方のご予約について

※20歳未満の方は必ずお電話にてご予約お願いいたします。

※18歳以上で20歳未満の方がご来院される場合は、ご本人様と親権者様の身分証明書の両面コピーをご持参下さい。
(カウンセリング後に同意書をお渡しいたします)

※18歳未満の方は必ずご親権者様と一緒にご来院ください。